中規模ビルも省エネ義務化、法改正案を閣議決定

2019.03.14

お知らせ

2019年2月15日、新築のオフィスビルなどに省エネルギー基準への適合を義務付ける対象を、中規模建物(延床面積300㎡以上2、000㎡未満)まで広げる建築物省エネ法の改正案が閣議決定されました。

義務化は2021年度からになる見通しだそうです。

非住宅建築物の中規模建物は、現状でも基準適合率が高いため、義務化となっても混乱は少ないとの見方のようです。

弊社で計算させていただいた物件に関しても、非住宅建築物は基本的に基準に適合しているため、計算結果に関してはあまり心配はないと考えます。

なお、住宅や小規模建物(延床面積300㎡未満)は義務化の対象に含めないそうです。

お問合せ・お見積り

当サービスに関してご不明な点がありましたら
お気軽にお問合せください。

TEL:0120-980-159